ラジオ放送局 ゆめのたね

または、カテゴリをクリックしてください
または、カテゴリをタップしてください

PROGRAM GUIDE 番組紹介

ソライロ

毎週日曜日|08:30〜09:00 放送

パーソナリティ
さち


晴れの国 岡山出身


地元岡山で頑張ってる人、チャレンジしてる人、

地元のみならず社会に貢献してる人を応援!


幅広くゲストにお迎えし、

皆さんに役立つ情報をお届けする番組です。


〈ボランティア活動〉

ゴー宣道場

公論サポーター中四国支部で活動中!


※一緒に盛り上げてくれるサポーター

助っ人メンバー募集中です。


ラジオのゲスト出演したい方も募集してます!

よろしくお願いします。


【HP】

https://chushikoku.chiho-gosen-dojo.com/


【Twitter】

https://twitter.com/sirokuma_oka


Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。
コメントに絵文字は使用できません。

コメント必須

ラジオネーム必須

メールアドレス 必須

COMMENTS

さち
2021-06-08
返信

基礎医学研究者さん、第3回目のラジオをご視聴いただきありがとうございます。コード(情報)を読み取る訓練は大事です。ずっと見てる物でも、見落としてること、気付いてないこともあります。見方はたくさんあるので、ラジオの30分の中では全部言い切れないところがあります。絵を見てるようで、実は自分を見ていることを知りました。自分自身を客観視する、メタ認知ですね。コードという「ターム」があるのですね。DNAのコードが暗号化されてるのはすごいです。それには膨大な情報があっていろんな読み取り方がまたあるのでしょうね。 抽象画は見た時の印象や感じ方を捉えてみると面白いです。音楽を聴くと自然の風景が思い浮かぶというように、視覚から入る情報とは別のもの、自分の五感が感じたことをみると面白いです。正解がないので自由ですね(^^) 棟方志功の鑑賞眼はすごいです。何百というたくさんの作品の中からたった一つ贋作を見つけたのですから。ゴッホがとても大好きで、初めて見た作品を「弱い」という一言。 なので今のコロナ禍だからこそ、よく自分の頭で考えて、自分の感性を信じて欲しいと思った時、このエピソードを思い出しました。今回も聞いていただきありがとうございました。 コメント励みになります。これからもよろしくお願いします。

さち
2021-06-08
返信

いぬくんさん、6月の最初のラジオのご視聴ありがとうございます! 美術館の話、楽しんでいただけてとても嬉しいです。ボランティアの経験が少しでも皆様に参考になったり、楽しんでもらえるかと思い話しました。私の言いたこと、深いところまで意図を汲んでいただき嬉しいです。西洋絵画から「個」を学ぶことができました。画家たちの表現からだったり、生き方であったりと。そこは日本人の私たちに足りないものがあり、お上に言われたまま従う、右ならえだったり、権威や肩書きに惑わされないで、もっと自分の意思や感性を信じて欲しいという思いがあります。日曜の朝、聞いていただきありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします!

基礎医学研究者
2021-06-06
返信

”ソライロ”第3回目”、今回も楽しく視聴させていただきました。さて、絵画の「対話型鑑賞」に関して、大変興味深くかつ勉強になりました。  自分はよく知らなかったのですが、これは絵画を見る際に、”コード(メッセージ)”を読み取る訓練が、まずは重要になってくることを意味するのでしょうね。この見方が正確かどうかはわかりませんが、個人的には結構斬新に感じました(ちなみに、自分の方の職業でも「コード」というタームがあるのですが、これはDNAにコード(暗号化)されている遺伝子の情報を指します)。特に「象徴画」については、正直「ぼーっと」見ていると、いったい何を表現しているかわからないので、今回のサチさん(しろくまさん)のラジオで、それ(メタ認識)が少し理解できたような気が致します。また、といいつつも個人の感性もやはり重要であり、宗像志功のゴッホの絵(アルピーユの道)の感想、”本物を見ると弱い”が、まさか贋作の鑑定につながっていたというのは、非常に驚きました。  感想は以上でございますが、次回も期待しております。

いぬくん
2021-06-06
返信

今朝も拝聴しました。 美術館の話、非常に面白かったです。自分の頭で物事を考える事の意味や、権威主義に忖度しない個を確立する事の大切さが話の根底にあると思いました。さちさんはとても深く思考される方なのですね。 今の薄っぺらなコロナインフォデミックに対して遠回しに警鐘を鳴らされているようにも思いました。さちさんの話を聞いて、少しでも覚醒してくれる人がいたら嬉しいと思います。 ゲストトークも良いですが、さちさんの話だけを聞くのもまた楽しいです。 これからも日曜の朝を楽しみにしてます!

さち
2021-05-16
返信

基礎医学研究者さん、ラジオのご視聴ありがとうございます。今回は、公論サポーター関東支部のメンバーがゲストに出演していただきました。一両さんの一言で表すのはとってもわかりやすいですよね!すごいです!さびがらさんが仰っていたことはとても大事な事ですよね。 公論サポーターは、よしりん先生の言論イベントを応援、自発的に発信したり、道場開催のサポートなど幅広く活動しています。どうぞよろしくお願いします!

さち
2021-05-16
返信

いぬくんさん、コメントありがとうございます! 自分で色々と調べてみたり、データを見れば自分でもわかるんだけどね。専門家が言うとそっちの方を信じちゃうんだよね。その中でも、いぬくんさんみたいに疑問に思ってる人はいると思うし、こうやってラジオでも聞いてもらって、気付きになるきっかけになったら嬉しいです。 収録時はこれから募集という時だったのですが、この短期間でなんと7月応募者が400名突破して、応募を締め切ることになりました。これは驚きました!それだけ反響が大きい事がわかります。大変申し訳ございませんが、6月と7月の当日はニコニコ動画でご視聴をよろしくお願いします。応援、ありがとうございます!

基礎医学研究者
2021-05-16
返信

 今回も楽しく視聴させていただきました。岡山県も本日より非常事態言々が発令されたようですが、この収録は事前収録が功を奏し、結果として世相を反映していた気がしました。 さて、個人的には、最初の「ゲンロンイベント」から「ゴーセン道場」への紹介が少しずつ明快になってきた回かと思いました。特に、ゲストの一両さんの「(コロナ論などを)買う」、「(ニコニコ動画から配信動画を)見る」、「(ゴーセン道場に)来る」は、なかなか1言で道場の特徴を語っており、うまい表現をされていると思いました。それから、同じくゲストのさびがらさんが、直接メンバーで集まったときに「みんなで集まる飲み会の交流が楽しい」と言われていたのもとても印象的で、公論の形成第一歩は、このような"身近な社交”であることが、良く伝わってきました。それでは、今後も期待しております。 蛇足ながら。。。公論サポータという言葉がいきなりでてきましたが、道場などのイベントの設営を支援する役割を持つ方々、という定義でよろしかったですよね?

いぬくん
2021-05-16
返信

2回目の放送、聞かせていただきました。 僕も、このコロナ禍による世間の風潮・空気には懐疑的な意見です。 普通にデータを見れば、風邪ぐらいのレベルなのに「営業するな」「自粛しろ」の全体主義的な同調圧力には大きな疑問を抱いています。 さちさんを益々応援したくなりました。 ただ、ひとつだけ。 収録時期のせいもあるのでしょうけど、情報が過去のものでは、と(5/3のイベントがこれから、みたいな感じで言われてました)。 さちさんのラジオを聴いてイベント参加したい人にとっては「あれ?」となる筈。 これからも頑張って下さい!

さち
2021-05-04
返信

いぬくんさま、はじめまして。 こんにちは。 初回の放送をお聴き下さりありがとうございます。そうですか、ピンと来なくて分かりにくかったですか。今後のラジオ番組の内容で大きな項目を挙げていきました。 参考にさせていただきます。 詳しくはまた今後、テーマや活動なども話しにたくさん出てきますので、どうぞお楽しみに! 話題はボランティアだけでなく、他にも楽しめる情報を発信していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします(o^^o)

いぬくん
2021-05-04
返信

さちさん、こんにちは。 新番組「ソライロ」楽しみにしてます。 言論イベントについてですが、初回放送では内容があまりピンと来ず、よく分かりませんでしたので、もっと具体的にテーマや内容、出演者などをラジオで聴かせて欲しいと思います。 また、ボランティアでの体験談や失敗談、良かったことなど、エピソードがあれば同じく聴かせて欲しいです。 応援してます。これからも頑張って下さい。

さち
2021-05-02
返信

基礎医学研究者さま こんにちは、パーソナリティのさちです。 初回の放送を聴いていただき、コメントもありがとうございます! 情報発信の一つとしてネットラジオを通して声を伝える、しかも編集無しの30分一発勝負です。 ラジオ放送は生放送ではなくても、このライブのような雰囲気、緊張感はリスナーさんにも伝わるし、とっても面白いと思います。 声から人柄が滲み出ていた、というのは他の方からも同じ感想をいただきました。 顔が見えてなくても、伝わることって多いのですね。 ドキドキで緊張してましたが、聴いていただきありがとうございます。 岡山大学の人とご一緒に活動されてらっしゃるのですね。 頑張ってください! ネットラジオで発信するのは初めてで、そこで初めて知る人もたくさんいると思いますし、 ラジオを通して色んな人に広がっていけたらと思います。 どんなところかな?気になる、行ってみたいな。と、私も最初はそうでしたから、最初は気軽に参加してもらえたらと思います。きっかけは何かわかりませんし、その時にまさか、私がしろくま隊長になるとは想像もしてませんでしたから。 どこかの会場で「ラジオを聴いて参加しました。」という方に出会えたら嬉しいです。 日曜の朝、楽しく気軽に聴けるラジオ番組にしていきます! 今後ともよろしくお願いします。

基礎医学研究者
2021-05-02
返信

私は大阪在中ですが、”ソライロ”第一回目、楽しく聞かせていただきました。まず冒頭で、接”声”で情報発信したいということを言われておりましたが、それはとても印象的でありました。このような情報発信のコミュニケーションは身近で接している人々の交流とは異なりますので、会話(やりとり)している人との距離感というものがわかりにくいものがあります(これは、顔が見えないので、遠すぎたり近すぎることの難しさがあるということであります)。一方、この「声」を使う方法は、距離感を補える有効な手段のように思えました(ちなみに、好感持てるお声より”さちさん(しろくま隊長様)”の人格がにじみ出ていたかと思います)。また、個人的には、仕事柄、現在岡山大学の人と一緒に活動することが続いていますが、岡山の語り口調に親近感が持てました。それから、「ゲンロンイベント」という言い方にちょっと意表を突かれましたが、”公論を形成すること”が目標の場であるゴーセン道場がこのラジオを通じて広まることを、今後期待致します。