ラジオ放送局 ゆめのたね

PROGRAM GUIDE 番組紹介

ママラクるん

中四国・沖縄チャンネル 日曜日 23:00-23:30

毎週日曜日|23:00〜23:30 放送

パーソナリティ
いとしま ももこ


ゆめのたね放送局
============
中四国沖縄チャンネル
============
いとしま ももこの

ママ楽るん

日曜 23:00-23:30
---------------------------
2020年8月より放送開始!
---------------------------

ママが楽に幸せに過ごす

家事や育児のコツや 心のあり方をお伝えします^ ^

不登校の子を持つママや 子育てに悩むママを

全力で応援するラジオです!

パーソナリティは

台本のない即興劇「プレイバックシアター」と

心屋式性格リセットカウンセリングでママを応援する

心理カウンセラー 糸島百子(いとしま ももこ)です。

私には高1~小2までの四人の子どもがいます。

四年前、二人の子どもが不登校になった事がきっかけで

カウンセラーになりました。

私が四人の子育てで気づいた事は

子育ての悩みは今しかないギフトであり、

育児が辛い時は、より幸せになるチャンスなんだ、

という事です。

なぜ、辛い時がチャンスなのかというと、

その「辛い」には、

その人を生きづらくさせる「偏った価値観」があるからです。

その「辛い」があるから「変わりたい」と願い、

自分にない、新しい価値観に触れる事ができる。

子どもが不登校になる前までは、

自分に自信がなく、

自分で決めるのが怖いから

周りが納得しそうな事をする。

「世間的に正しい」

それがわたしの判断基準でした。

けれど、

子どもと一緒に、

自分って何だろう

お母さんって何だろう

子どもって何だろう

以前は、疑問に思わなかった事を、考えました。

私がやりたいから、それをやる。

私が決めていいんだ、という事を、

子どもたちが教えてくれました。

子どもたちが、

お母さんも自分で考えて、感じて、

自分がやりたい方を選んでいいんだよと教えてくれたのです。

そして、子育てで悩んでいた時に

プレイバックシアターという台本のない即興劇に出会いました。

その劇は、観客の中から、話してくれる方を募り、その方の話を

打ち合わせなく、即興で演じます。

私の話を目の前で演じてもらった時に、

私の孤独感もネガティブな感情も、

大事な私の一部なんだと思えたのです。

こんなにも人の心を癒す、

プレイバックシアターという即興劇を私もやってみたい。

人前で話すことが苦手だった私が、

その頃、神奈川や広島で行われていた、

二泊三日のスクールに参加する事を決めました。

私の初めての挑戦でした。

そして、不登校の子を持つママを楽にしたい。

その思いだけで、心理カウンセラーにもなりました。

母親が子どもに与える影響よりも、

子どもが母親に与える影響の方がずっと大きいと感じています。

子どもは、母親の事が大好きなのです。

子育ての悩みは、今しかないギフトであり、

育児が辛い時は、より幸せになるチャンスです。

一人でも多くの親子が、

楽に、幸せに、生きられる世界を願って

このラジオをお届けしています。

Facebook
https://m.facebook.com/mamarakurun/


ブログ
https://ameblo.jp/nohohonikuji/

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント必須

ラジオネーム必須

メールアドレス 必須

COMMENTS