2019年6月5日放送【つないで☆WANDERほぉ〜♪】ゲスト:北森勝也さん、西川なおみさん、牧野敬充さん

(左から)北森勝也さん、牧野敬充さん、西川なおみさん、がちゃさん

 

2019年6月5日放送

番組名:つないで☆WANDERほぉ〜♪

パーソナリティ:がちゃ

ゲスト:一般社団法人Breakthrough Bank(ブレイクスルーバンク) 代表理事 北森勝也さん、事務局 西川なおみさん、参事(愛知マネージャー)牧野敬充さん

 

「▶︎」ボタンをクリックでラジオが流れます♪

 

 

【ゆめのたねラジオ 番組情報】

つないで☆WANDERほぉ〜♪
https://www.yumenotane.jp/tunaide-wonderful

 

【ご出演ゲスト情報】

ブレイクスルーバンクは、2019年2月に設立され、企業・個人が連携しながらパンを備蓄し、
災害時にいち早く提供する食料ネットワーク、【Helpan171】(へルパン)をつくりました。

きっかけは・・・
北森さんが、2011年、東京へ行った際、東日本大震災に遭遇。
名古屋に帰るのも食料調達も困難だった経験を踏まえて、
いつか、災害時に貢献できる事業をしたいと思い続け、今年ついに立ち上げました。

そういった立ち上げたきっかけや想い、Helpan171の名前の由来、
パンってどんなパンなの?、パンを備蓄していただけるパートナーさん探しにおけるエピソード、
などなど色々語っていただいてます。

パンは、私も試食しましたが、めっちゃ美味しいです!
しっとり柔らかで食べごたえあり、保存期間は、なんと5年間!!

非常食の乾パンをイメージしてましたが、全然ちがっていてビックリ!
このパンは、北海道の障がい者授産施設で、注文があってから丁寧に作られるものだそうです
(販売元は、愛知県海部郡蟹江町の株式会社ヨコエさん)。
また、賞味期限が切れたパンの再利用できる仕組みもきちんと作られています。

最近、中日新聞など、様々な媒体で紹介されていますが、
全国的にはパートナーさんのいない県や地域はまだあり、
パンを備蓄してくださるパートナーさん、大募集中です!

災害時に、自分の家庭も、企業の従業員さんも、
かつ周辺住民の皆さんにも役に立ち、社会貢献できちゃう!
パンは、一箱40個(一口)1万円(税別)。5年間保存可能なので、
1年あたり、2000円で備え&社会貢献できます。

2011年からの想いを、実際にカタチにしている北森さんのお話、ぜひお聴きください。

関心を持たれた方は、Helpan171のホームページもご覧くださいね。

(なお、番組中で紹介されている、パンのプレゼント応募は終了しています)

 

Helpan171のホームページ
https://helpan171.jp/